ダイエットによる肌たるみを防止していつまでも美肌を保つ

女性としては美しいプロポーションをいつまでも保ちたいものですが、急いで理想の身体を手に入れるために、過度なダイエットをしてしまいがちです。

しかし、せっかくスリムになっても、急激なダイエットによる効果で、脂肪を失った肌はたるんでしまいます。

急激なダイエットは、肌たるみや乾燥肌、栄養不足による毛髪の抜け、消化器の低下、生理不順などを招く恐れがあります。

ダイエットによる肌のたるみを解決したいならば、時間の経過を待つのが一番です。

皮膚は一定の時間の経過により、自然に引き締まって来ますので、あまりにもたるんだ皮が気になる場合は外科手術となりますが、普段に生活する上で気にならない程度であれば、リバウンドをしないようにエクササイズを取り入れながら、代謝を促し、皮膚のたるみが戻るのを待ちましょう。

時間で元に戻すよりも、予めダイエットを考える際、肌たるみを防止するようなプログラムをしていくのが理想です。

体重は1ヶ月に1キロ落とす程度ならば、肌のターンオーバーのリズムも合いますので、皮膚たるみは起こりません。

また、ダイエットをするに辺り、食事制限をする事は代謝効果を半減させてしまいますので、食事制限はせず、栄養のバランスよくしっかり食べる事が重要です。

食事制限をしないでダイエットした方の中には、50キロ程落としても全く皮膚がたるまなかった。という方もいるようです。

ダイエットをして理想の身体を手に入れても、美肌でなければ美しくなったとは言えないので、体重を落とす際には「たるみ防止」も念頭に入れたいものです。
posted by highclassskin at 15:50 | たるみ防止 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。