敏感肌の方のための化粧水選び

自分が敏感肌なのか、敏感肌でないのか?の見分け方は、大体の化粧品を使用してもトラブルにならない。というのが大まかな見分け方です。

敏感肌の方は、ノーマルの肌の方よりも肌のトラブルが多く、また、肌トラブルから来るストレスも肌の調子を崩してしまいがちです。

敏感肌の方の一般的な化粧水の選ぶポイントは、ノンアルコールであるかどうか。が一番のポイントになります。

アルコールは刺激が強くて蒸発し易く、蒸発する時に一緒に肌の水分も蒸発させてしまうため、敏感肌の方にはその効果が刺激となり得るからだと思われます。

完全に天然植物原料で作られた化粧水を選ぶのは、敏感肌の方にとってベストなチョイスであるかもしれませんが、入手が簡単ではなかったりする場合もあります。

簡単に、手軽に選ぶ方法としましては、「赤ん坊でも使用可能である」物を選ぶのは一つの手だと思われます。

また、パラベンフリーという表記の物も、選ぶ際のポイントとなる場合がありますが、パラベンフリーと記載されていても、他の防腐剤が入っていたり、石油合成界面活性剤が含まれている場合もありますので、注意が必要かもしれません。

パラベンフリーの代わりに、ブチレングリコール(BG)がよく使われるらしいですが、これは敏感肌の方には適していないようです。

高級で高価な化粧品になるほど、パラベンフリーの品は無くなってきますので、肌が敏感だからと色々と買い試すのではなく、まずはシンプルな配合の安価な化粧水から選び、しばらく付けて様子をみてみては如何でしょうか。
posted by highclassskin at 16:16 | 敏感肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。