毛穴ケア対策で美肌を維持

普段は朝と夜に洗顔をし、その後、基礎化粧品はちゃんと付けていますが、頬の毛穴と鼻の黒い毛穴がどうにも気になるので、今回は毛穴ケアにスポットを当ててみようと思います。

気になる毛穴の種類と改善点>


頬の辺りに目立つ毛穴は、「たるみ毛穴」と呼ばれるもので、加齢により肌の水分維持量が減少すると毛穴がたるんできます。
そこから毛穴が重力で下のほうへと楕円形に広がり、下がって大きくなる事から、毛穴が目立つようです。

たるみ毛穴を改善するには、以前の日記に書いた、ヒアルロン酸とコラーゲンの働きが非常に大切になってくるようなので、コラーゲンは鶏肉や豚足等の料理から摂取するようにし、ヒアルロン酸は肌に浸透し易くするために、あらかじめ余分な角質をふき取ってから「ヒアルロン酸配合」の化粧水でケアしてみようと思います。

一方、鼻の頭から鼻の周りに目立つ、黒い点のようなものは「毛穴の黒ずみ」と呼ばれるようです。

市販の毛穴パックでケアするのが一般的ですが、肌が弱い方には合わなかったり、パック後の水分補給がやや難しいので、パックをしても逆効果になってしまう場合もあるそうです。

黒ずみのケアには、洗顔前にお湯で濡らしてきつくしぼったタオル(蒸しタオルと呼ばれます)を当てて、毛穴を開いてから洗顔する事でかなり改善されるようですが、毛穴の影が黒ずみに見える事もあるそうです。

実際には毛穴は汚れていないけれど、黒ずみが見える場合は、毛穴のたるみが影になって現れているようなので、先ほどの蒸しタオルで毛穴を開くのとは間逆の、毛穴をひきしめるケアに重点を置く方が良いです。

毛穴を引き締めるケアは、余計な角質を取り除く事から始めるとしっかり引き締まるそうです。

私の場合は、朝の忙しい中で蒸しタオルのケアは長続きしそうにないので、夜、お風呂にお湯を溜めて、湯気をスチームのようにし、毛穴を開いてケアしていこうと思います。
posted by highclassskin at 14:35 | 毛穴ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。