美肌に欠かせないヒアルロン酸とコラーゲンとは何か

にきびの日記の時に、ヒアルロン酸というものが、体内の水分維持に関わりがあるものだと知り、それは加齢と共に減少してくるという事を学びました。

ヒアルロン酸について調べ物をしていた際、「ヒアルロン酸コラーゲン」という単語をよく見かけたのですが、よくよく見てみると、「ヒアルロン酸とコラーゲン」である事が分かり、まとめて1つのものだと思っていたら間違っておりました・・・。

ヒアルロン酸とコラーゲンのメモ>


その1 .肌の角質層の下には、ヒアルロン酸とコラーゲンが体内の水分を維持するために働いている。

その2. ヒアルロン酸は、主に肌や関節などに存在し、保水や保湿性を保つ働きを持っており、ハリや弾力性に関わっている。

その3. コラーゲンは、身体をつくるタンパク質の1種で、その半分以上がコラーゲンによるもの。
コラーゲンは網目のような構造になっていて、網目の隙間にいるヒアルロン酸などを支える役目をしている。

その4. 両方が減少すると、たるみやシワの原因になる。

ヒアルロン酸とコラーゲンは、2つで1つと言える程、お互いに必要としている成分なのだと分かりました。

コラーゲン入り化粧水というものが販売されていますが、どうもコラーゲンというのは肌から吸収される事がないらしく、食事やサプリメントで補うのが効果的らしいです。

代表的なコラーゲンの食物と言えばフカヒレですが、一般家庭で毎日フカヒレなど調理出来ないので、手羽先や豚足、鶏皮を煮物などの料理に取り入れて食べていこうと思います。
posted by highclassskin at 20:25 | ヒアルロン酸とコラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。